生き方

今月のおすすめ本『入社1年目の教科書』

こんにちは、調香師の山田夕夏です。

今回、私がおすすめさせていただく本は『入社1年目の教科書』です。

この本は題名の通り、社会人1年目に向けて、ビジネスマナーを伝えた本です。

とは言え、1年目でも、3年目でも、15年目のベテランであっても、読んで欲しい一冊です。

3月~4月は新社会人としてのスタートをする人はもちろん、異動や転職で仕事が変わったり、役職や役割が変わったりする人が多いです。

そんなときに、改めて仕事のやり方や取り組み方を考えて欲しい、ということで『入社1年目の教科書』をご紹介させて頂きます。

この本は3つの原則と50のルールが紹介されています。

3つの原則とは、
「頼まれたことは必ずやりきる」
「50%でよいから早く出す」
「つまらない仕事はない」

があります。

そして、その他に具体的な事例を元に50のルールを解説しています。

入社1年目の教科書
岩瀬 大輔
ダイヤモンド社

オススメポイント

私自身はグレイトティーチャー株式会社に社会人6年目で中途入社した後に、社長に勧められたので読んでみました。

すると「そこは分かっていなかったな」と改めて気づくことがあり、これがこの本のすごいところだと思います。

例えば25番目のルールで「社会人の勉強はアウトプットがゴール」というのがあります。

アウトプット力を高めるためには、表現力が必要で、内容はもちろん、伝え方も大事だとあります。

伝えた相手が間違った判断をしてしまったとしたら、それは相手の理解力が不足しているのではなく、自分の伝え方が間違っていた、ということなんですね。

  • 理解しやすいように伝えられたかな
  • 重要度、緊急度はどうかな
  • 繰り返し伝えたかな
  • 伝えるタイミングはどうかな
  • 言葉遣いはどうかな
  • そもそもアウトプットするとはどういうこと?
  • そもそも敬語とは?


など、仕事の基本を見直して
「ああ、ここが足りていなかったな」とか
「ここをもう少し工夫できるかな」
というのが自然と思い浮かんできます。

当たり前のことしか書いていないけれど、この当たり前ができている社会人ってどれくらいいるのかな?と思うくらい、この本は、当たり前を深めてわかりやすく書いてあります。

仕事の取り組み方や人間関係の捉え方、普段の勉強の仕方など、普段迷うこともあると思います。

今、あなたが抱えている問題に対してヒントとなることが、この本できっと見つかるでしょう。

読みやすいですし、何度も読んでもらえたらと思います。

関連記事

  1. 生き方

    若者へ「親に頼るな!自立せよ!」

    一般に、進学塾や予備校と言えば「勉強するところ」、あるいは受験戦争に勝…

  2. 生き方

    今月のおすすめ本『火の鳥 鳳凰編』

    こんにちは、こがみのりです。おすすめしたい本はたくさんある…

  3. 生き方

    今月のおすすめ本「臨済録」

    こんな人におすすめ! あれこれ頭で考えすぎてしまう人…

  4. 生き方

    年末大掃除特集!~本気の掃除は、自宅を神社のような空間にする~

    幸先の良いスタートを切るために新しい一年を良いスタートで切れるかど…

  5. 生き方

    2019年は「己亥(つちのとい)」干支でわかる“時代の流れ”と “幸運の波に乗る方法”

    新年、明けましておめでとうございます!今年も、みなさまを開運に…

  1. メッセ-ジ

    料理人ちこが語る 書籍『美味しいごはん』にこめた想い
  2. 仕事・勉強

    「頭が冴える」冷え対策
  3. 生き方

    今月のおすすめ本『火の鳥 鳳凰編』
  4. 魅力的な人はご飯の数値を気にしない!糖質制限ダイエットを超える食べ方とは
  5. 仕事・勉強

    美味しいごはんで掴んだ合格ストーリー 大阪大学合格!
PAGE TOP