お茶

空間に応援される人になる

人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。

良縁を繋ぐお茶屋「茶肆ゆにわ」店長・こがみのりが語る茶話。

お茶には、人が生まれ変わるための秘密が眠っています。
その深遠な世界に触れてみてください。

良い気に満ちた空間

わたしは空間がもつ「目に見えない働き」を信じています。

空間は「何もない」ように見えて、実は「気」というエネルギーと情報に満ちています。

良い「気」が流れている場所では、自然に美味しいお茶がはいり、運気も良くなり、心も体も元気になり、会話は前向きになって、いいことづくめなのです。

空間を良い「気」で満たす最善の方法が「気配り」です。
人や空間への気配り。

茶肆ゆにわができて以来、それらを意識し続けてきました。
するとお客様からも、「茶肆に来ると、不思議と悩みが消える」「心が落ち着く」「なぜかヒラメキが降りてくる」など、ありがたいお声をいただくようになりました。

今回は、茶肆の「空間の秘密」についてお伝えしましょう。

見えないところを整える

空間に気を配るということは、「その場から、気の行き届いていないものを一切なくす」ということです。

茶肆の棚には、たくさんの茶器が並んでいます。
この茶器たちの役割、並び方には全て意味があって、ちゃんと意識して、それぞれの場所に置いています。

そして、目に見える範囲だけではなく、棚の奥、箱の中、目に見えない部分も含めて、なんとなく置いているものを極力なくしています。

裏側に隠れていても、「気」には表れるのです。

たとえば、人と会った時でも、「この人は、顔では笑っているけれど、本心は笑っていないなあ」とか、「言葉では良いことを言っているけれど、心の中は冷たそう」とか、見た目と、受ける印象が違うことがありませんか?

その「なんとなく」の印象を決めるのは、誰も見ていないところで、その人がどんな行動をして、何を思い、考えているか。
裏側にある「気持ち」が、その人の発する「気」となり印象をつくるのです。

それと同じく、空間に入った瞬間に感じる印象も、目に見えない部分で決まります。
お客様がいらした時だけ、押し入れにモノを詰め込んだって、なんとなく気ぜわしい雰囲気が残ってしまいます。

つい、見えるところが綺麗になっていたら、それで満足してしまいがちですが、気の良し悪しは、実はこういう目に見えないところの掃除が、どれだけ行き届いているか、どういう気持ちで空間に接しているかで決まるのです。

伊勢神宮という特別な空間で受け取ったもの

昨年12月に、ゆにわ塾の神社参拝セミナーで「伊勢神宮」に総勢450名余で団体参拝をいたしました。

伊勢神宮には、「御垣内みかきうち参拝」というものがあります。
一般客が参拝する場所から、さらに御垣の内側に入らせていただく特別参拝のことです。

御垣の内側は、神宮の中でも特に神聖な場所。
何百年も、何千年も、数えきれない人たちが、日々、神様に祈りを捧げ続けてこられたのでしょう。

白い大きな玉砂利が敷き詰められたその空間は、ただいるだけで全身の細胞が奮いたち、歓喜が湧き上がるような神気に満ちていました。

わたしの知人が、仕事仲間と一緒に伊勢神宮に参拝したときのこと。
内宮ないくうの鳥居の前まで行った時に、急に仲間たちに向かって話をしたくなったのだそうです。

そして口火を切ると、自分でも驚くくらい熱い思いがあふれてきて、未来のビジョンを語り尽くしたのだと。
すると、一緒にいた仲間たちも心から賛同し、「世のため人のために、僕たちで役に立てることがあったら、何でもやらせてもらおう」と全員で誓い合って、忘れられない参拝になったのだそうです。

それからしばらくして、彼らは、わたしたち北極流一門と一緒に、仕事をするようになりました。

現実が大きく動く時、その前に必ず「気」が動きます。
良い「気」に満ちた場所に足を運び、そして、自分が生活している空間の「気」を高め続けることで、自力では到達できないような未来に導かれるのです。

空間を愛念で満たしていく

空間の気を良くするには、過去の「気」を残さないことも大切です。

例えば、「まだ使えるし、もったいないから」「あの人がくれたモノだから」と過去の情念に満ちたモノであふれた部屋にいると「気」が滞り、邪気になります。
邪気の多い空間では、後悔や自己否定などの妄念妄想が生まれてしまいます。

過去の想念を、空間に残してはならないのです。
その場にいる人が、心の中に文句を溜めているとか、イジワルやグチを垂れ流しているとか、迷って結局なにも行動しないとか、そういう釈然としない想念も空間には残ります。

だから掃除をするにも、会話するにも、皆でお茶を飲むにも、そこにマイナスの想念を残すのではなく、愛念を残すようにするのです。

愛念とは、ただただ、その場を訪れる人が明るく、あたたかい気持ちになって、元気になれますように、という思いのこと。

人にも空間にも気を配り、愛念を向け続けていると、その場があたたかみに満たされていきます。
すると、ただ訪れるだけで幸せになれるような空間がつくられていき、あなた自身もまた、空間に助けられるときがきっと来るでしょう。

さあ、いよいよ平成最後の年がはじまりました。

何事も、はじめが肝心です。
丁寧に、愛おしむように、あなたが毎日過ごす空間をととのえて、神様に愛される一杯のお茶を淹れてみましょう。

きっと、あなたに必要な声なき声が、その空間から聞こえてきますよ。

関連記事

  1. お茶

    「自分の心と向き合う」

    お茶の味が濁る時いそがしい毎日で心まで騒がしくなっている時、たった…

  2. お茶

    茶話 「専用化」して「神社化」する

    こんにちは。今回は 読むだけで心が豊かになる、茶人こがみのりの…

  3. お茶

    茶話 茶葉を選んでご縁に出会う

    もの選びというものは、大切なご縁を紡ぐということです。茶肆ゆにわの…

  4. お茶

    場はみんなで作るもの

    人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁を繋ぐお茶屋「茶肆…

  5. お茶

    茶話「見る」で御魂を磨く

    人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁を繋ぐお茶屋「茶肆…

  6. お茶

    茶話 祈りながらお茶を淹れる

    神様とつながるお茶 茶葉にお湯を注いで、急須の蓋をして、しばし待つ…

  1. 子育て・教育

    子育て論 子供のためになること、ならないことを知ろう
  2. 仕事・勉強

    「頭が冴える」冷え対策
  3. かつて”神様の食べ物”だったすごすぎるカカオの真実
  4. メッセ-ジ

    「今すぐ、目指したい未来を目指していい」講師・弓場汐莉
  5. 仕事・勉強

    「集合的無意識」の囚われを抜けたら本物の自由が手に入る!
PAGE TOP