お茶

「自分の心と向き合う」

お茶の味が濁る時

いそがしい毎日で心まで騒がしくなっている時、たった一杯のお茶で、あたたかい気持ちに戻ることがあります。

お茶は心の映し鏡。
自分の心が、そのまま映し出されるのです。

あるスタッフの息子さんが、5歳の時の話です。

ある日のお茶の時間に、周りの大人たちから
「ねえ、○○くん、紅茶を淹れてみたら?」
と言われた彼は、純粋に
「みんなに喜んでもらおう!」
と思い、やってみました。

すると、大人たち全員が思わず笑顔になってしまうくらいの、本当に美味しい紅茶が淹れられました。

次の日も、また次の日も、美味しい紅茶がはいりました。

彼と、彼が淹れる紅茶はスタッフの間で、評判になりました。

しかし、しばらく経ったある日、大人たちが
「あれ?」
と首をかしげてしまうくらい、美味しくない紅茶がはいってしまいました。

次の日も、また次の日も。

喜んでもらえなくなったので、彼はとうとう紅茶を淹れるのをやめてしまいました。

どうして、紅茶の味が落ちてしまったのでしょう?不思議ですね。

それは、彼の心が変わってしまったからです。

初めは純粋な
「みんなに喜んでほしい」
という思いだったのに、褒められているうちに
「もっと褒めてほしい」
という気持ちが出てしまい、紅茶の味が濁ってしまいました。

心の変化が、味まで大きく変えてしまったのです。

これは残念な例のひとつですが、この逆もあり得るのです。

そう、
「あなたに喜んでもらいたい」
と、純粋に相手の幸せを願うことができれば、美味しいお茶が淹れられる、ということです。

美味しいお茶を淹れるためには、もちろん、淹れ方を学び、良い茶器や茶葉、お水を準備する必要があります。しかし、それ以前に「心」の準備が大切なのです。

茶は服の良きように点て

茶人、千利休は美味しいお茶を淹れる心得として、「茶は服の良きように点て」という言葉を遺(のこ)しました。

これは、「お茶を飲む人にとって『ちょうどいい』お茶を淹れて差し上げなさい」という意味です。

お茶の好みは人によって千差万別です。

「人の数だけ、お茶がある」と言っても過言ではないでしょう。

また、同じ人であっても、飲むタイミング、その時の気分、体調などによって「服の良き」は変化し続けています。

食後には、ほっとお腹を休ませてくれるような、優しいお茶が嬉しいものです。

甘いお菓子をいただく時には、さっぱりするお茶が調和します。

友人とゆっくり会話を楽しみながら、香り高いお茶を、小さな茶杯で優雅に頂きたい日もあるでしょう。

外から帰った時に喉がカラカラなら、大きな湯呑みでごくごく飲める、ぬるめのお茶が、心と体を潤してくれるでしょう。

相手の立場になりきって、表情をよく見て、声を聴いて、気持ちを察してみましょう。

丁寧に、静かに、我(が)をなくして、相手を思いやるうちに、きっと、「服の良き」のヒントは見つかり、答えが見えてきます。

相手の心と、自分の心とが、あたたかく結ばれる幸せ。

これが、世界に誇れる、日本人の「おもてなしの心」なのです。

おもてなしの原点

ご縁をいただいた方々を「おもてなし」するのは、何も、お茶を淹れる時だけではありません。

  • 普段から目の前にいる人を大切にする。
  • 喜んでいただけるよう、気を配る。
  • 自分にできることを感じて動く。

そのような心がけでいると、お茶の練習をせずとも、自然と服の良きお茶が淹れられるようになるものです。

「普段」「ふだん(不断)」ということですから、途切れることなく、人の目があるときも、ないときも表裏なく、「おもてなしの心」に通じていることが大事なのです。

人がつい、おもてなしの心を失ってしまうときは、いかにご縁が貴重なものかを忘れてしまっているときでしょう。

「一期一会」というのも茶席から生まれた言葉ですが、誰かと過ごす何気ない日常の1ページも、一生に一度限り。

それと同じ機会は二度と繰り返されることがないのです。

そのことを頭ではなく、肌身で感じていれば、目の前の人と交わす言葉も、挨拶をする声色も、笑顔の明るさも、より服の良きものになるはずです。

日常の中にある奇跡

例えば、地球の人口は約70億人だとして。そのうち、一生に知り合える人の数はどれくらいか、考えたことはあるでしょうか?

さらに、あなたが会ってコミュニケーションをとれる人の数は?

その中で心を深く通わせることができる人の数は?

いかがでしょうか。答えに個人差はありますが、これだけ多くの人がいる世界で、本当に深い関係を結ぶことができるのは、一生かけてもせいぜい数人~数十人くらいでしょう。

つまり、70億人分の数人です。

仮に日本人全員(1億2千万人)があなたの目の前にいたとしても、やっと1人と結ばれる。それほど低い確率なのです。

つまり、「人とのご縁」は貴重、いいえ、奇跡なのです。

そのご縁のありがたみを「感じ尽くそう」とすると、相手のことを、ゆったりとあたたかくお迎えできるようになります。

いつも顔を合わせている人でも、まるで初めて会った相手かのように、先入観なしで感じられます。

これが「ふだん」の習慣になれば、特に淹れ方や茶葉や茶器を変えなくても、自然と明るく、軽く、あたたかい空気感に包まれ、「茶は服の良きように点て」ができるようになります。

「おもてなしの心」は、特別なときだけ意識するものではありません。

普段から育てていくものなのです。

そして、この実践にはゴールも正解もありません

一生続けていけるこの実践を、ぜひ、楽しんで探究し続けてください。

関連記事

  1. お茶

    無意識の音に耳を澄ませる

    人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁を繋ぐお茶屋「茶肆…

  2. お茶

    浄化で心を清める

    4月に入り、新生活をはじめた方もいらっしゃるでしょう。新しい出…

  3. お茶

    茶話 光と闇

    「光と闇」人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁…

  4. お茶

    茶話 「専用化」して「神社化」する

    こんにちは。今回は 読むだけで心が豊かになる、茶人こがみのりの…

  5. お茶

    空間に応援される人になる

    人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁を繋ぐお茶屋「茶肆…

  6. お茶

    茶話 ものを選ぶときのポイント

    ©『神様に愛される一杯のお茶習慣』(自由国民社)撮影:竹田俊吾…

  1. お茶

    茶話 ものを選ぶときのポイント
  2. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポート「一ヶ月半で体重が10kg減っていました」
  3. 子育て・教育

    受験に合格できるかどうかは 親の言葉ひとつで決まる
  4. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポート「ゆにわ流を実践しないなんてもったいない」
  5. お茶

    茶話 目と目で会話する
PAGE TOP