仕事・勉強

目標を達成できる人の特徴

目標を達成できる人と、できない人には、ひとつ決定的な違いがある。

たいてい、目標を達成できない人、途中で挫折したり、諦めてしまう人は、自分にとっての〝ゴール〟が見えていないのだ。

ゴールが見えていない人は、「目的」と「手段」を取り違えてしまいがちになる。

よくあるケースは〝がんばること〟をゴールと勘違いしてしまうこと。

例えば、「東大合格」があなたの目標だったとしよう。

言い換えると、「受験当日までに、東京大学の合格最低点以上を得点できるようにすること」が目標、ということになる。

そんなの当たり前じゃないの? そう思われるかもしれない。

けれど、本当にこのことを理解できている受験生は、意外に少ない。

〝がんばること〟はゴールではない

合格最低点以上をとるために、求められる学力というのは、自ずと決まってくる。

すると、それに応じて必要な勉強量も決まる。

入試までに残された時間の中で、その勉強量をいかにこなすか。

その道筋をハッキリさせることが、合格戦略を立てるということ。

要は受験とは、いかにその戦略に従って勉強を進めることができるかという、シンプルなものなのだ。

ところが、この目線が抜けると「とにかく毎日◯時間はやらなくちゃ」、「まだまだ勉強が足りない気がする」と焦りがち。

そして、本来やるべきではない余計な勉強にまで手を伸ばして、時間をムダにしてしまう。

「まわりの受験生は勉強が進んでいるのに、自分はなかなか成績が伸びない…」と不安になるのも、ゴールが見えていない典型例。

確かに、周囲と自分を比較してしまうのは人の常だが、そんな人間的弱さに振り回されているようでは、大きな目標は達成できないだろう。

あなたのゴールは、「まわりにいる受験生に勝つこと」ではない。

合格最低点以上をとること、なのだ。

まわりは関係ない。あくまで、受験は自分との闘いなのだ。

〝がんばること〟はゴールではない。

「努力=良いこと、美しいこと」といった先入観があると、本質が見えなくなる。

いくらがんばっても、その努力の方向性がずれていたら、目標達成には結びつかないのだ。

だから、「ゴールから逆算する」ことが大事になる。

ゴールから逆転する発想

ゴールから逆算する考え方を身につけるために、「大学受験塾ミスターステップアップ」で活用しているのが『ゴールから発想する合格手帳』(学研)

この手帳では、24時間から食事や入浴などに掛かる時間を引くことで、毎日の勉強に使える時間をロジカルに導き出すことができる。

大事なことは「何時間勉強したか」以上に「どれだけムダをなくしたか」、「一日の時間を、どれだけ目標達成のために使えたか」と、意識すること。

あとは、それを毎日続けていく情熱と、最後まであきらめない姿勢があれば、必ずゴールに辿り着ける。

もっともっと地獄に注意

次に勉強量について。入試本番までに、どの参考書をマスターして、どの問題を解けるようになればいいのか。

まずはそれを知ること。

次に、入試本番までの日数を序盤・中盤・終盤の3つの期間に分ける。

そうすれば、各期間でどれだけ学力を上げるべきかがわかり、そのために必要な勉強量がわかる。

この発想をさらに「期間→今月→今週→今日」と細分化していけば、「今日はどれだけ勉強すればいいのか」が自然と割り出せる。

つまり、入試まで毎日そのノルマをクリアしていけば、必要な学力はきちんと身につくということ。

必要な勉強量を把握しないまま、漠然と勉強を続けていると、「もっともっと勉強しないと!」という気持ちが出てきてしまう。そのうち、「どれだけ勉強すればいいんだ……」と、まるで底なし沼に足を踏み入れたような気分になってしまう。

この「もっと地獄」にはまると、これまで勉強したことの維持も疎かになりがち。

「次の教材がまだある…、次の問題に進まないと…」と、先を見ているばかりで維持を疎かにすると、どんどん忘れてしまう。

そうならない為にも、最初から「維持+α」で勉強を進める癖を付けておくことが大事になる。「もっと地獄」に陥らないためにも、ゴールから発想することが欠かせないのだ。

「もっと」と思っているうちは、心は満たされない。

すると、気持ちが不安定になり、今、目の前の勉強に全力を注げなくなってしまう。

熱く勉強をがんばる心と、クールに戦略を立てる頭。

両方あって初めて受験勉強は成功するのだ。

「もっと」を求める落とし穴

戦略を立てて「今日のノルマ」が割り出せれば、あとは自分が毎日それだけの勉強をやるか、やらないか。

毎日続けて学力の貯金を作れば作るほど、合格の確率は上がる。

確かに受験は単純ではなく、理想の勉強量を終えられなかったけれど、当日知っている問題が出て奇跡的に合格できた、といった事もある。だから、ノルマをこなせなかったら、絶対に合格できない、というわけではない。

けれど、はじめから奇跡に期待して、手綱をゆるめているようでは、奇跡は起こせない。

調子が悪かろうが、苦手な問題が出ようが、それでも絶対に合格点をとれるくらい、圧倒的な学力をつけておくことに越したことはない。そこへ向かう揺るぎない信念こそが、奇跡を呼び込むのだ。

合格する人の考え方とは?

多くの人は「過去」あるいは「今」に臨場感があります。分かりやすいのは浪人生。つまり、前回の入試で志望校に受かっていない人です。だから「本当に受かるのかな」とか「今回はいけるだろうか」という考えに臨場感があります。

けれども合格する人は「合格している自分の姿」に臨場感がある。

合格するのは当たり前なのだから、入試で緊張することもない。

そうやって「志望校の大学に通っている自分」をイメージする。

何の苦も無くこれができれば、セルフイメージは「合格した自分」に向きます。

けど過去や今に臨場感を持っていてはセルフイメージは進む方向が分からなくなる。

入試はよく航海に例えられますが、ゴールが見えているから「あっちに行こう」となるんです。

イメージするには赤本でもパンフレットでもいい。合格して胴上げされている姿とか、部活に通っている姿などがイメージできれば受かります。

「合格の先」に持つべきもの

大学受験塾ミスターステップアップでは、「10年後のビジョンを持て」と塾生を指導する。

将来、どんな仕事に就きたいとか、何かを達成したいという具体的な夢がなくても構わない。

「こういう大人になっていたい」、「こんな生き方がしたい」といった抽象的な夢でもいい。

遠くにゴールを設定して、大学合格も一つの〝通過点〟として捉える。もしくは「こういう大人にはなりたくない」とイメージすることはできると思います。

「やり方」ではなく「あり方」ですね。

10年後の自分にビジョンと臨場感を持つ事ができれば、1年後の合格している自分に臨場感を持つのは余裕です。

偏差値が70あれば偏差値50の問題を解くのは余裕なのと一緒。

限界突破コースでは

  • 「世のため人のために貢献できる自分になりたい」
  • 「そういう自分に成長したい」

の2大原則として掲げています。

方法や職業は一旦横に置いておいて「どのような自分でありたいか」を考え、そこから逆算して「今日自分はどうあるべきか」と考えて欲しいです。

「今日一日精一杯やる」でも良いですが、それだと方向性が決まらない。

「10年後のビジョン」を持った上で「今日をどう生きるか」と考えて貰うといいです。

1年後・10年後の自分に自然と意識が向き、潜在意識が理想の自分に向かって進もうとする。

その流れに乗っかって毎日を過ごして貰えれば「ゴールから発想する」という戦略と、「自身のあり方」の両方ができると思っています。

関連記事

  1. 仕事・勉強

    「集合的無意識」の囚われを抜けたら本物の自由が手に入る!

    集合的無意識にとらわれている現代社会現在、ゆにわ流を学んでいる大学…

  2. 仕事・勉強

    美味しいごはんで掴んだ合格ストーリー 岩手医科大学(医学部)合格

    ■合格した大学岩手医科大学(医学部)ここは生まれ変われる場所だ…

  3. 仕事・勉強

    美味しいごはんで掴んだ合格ストーリー 大阪大学合格!

    ■合格した大学大阪大学(文学部)/同志社大学/立命館大学/関西大学…

  4. 仕事・勉強

    白砂糖をやめたら、頭が良くなる!?

    仕事や勉強に集中して、最後までやり遂げるには、何が必要だと思いますか?…

  5. 仕事・勉強

    【漫画・南極老人伝説】食を変えれば成績は上がる

    御食事ゆにわの原点をマンガで読んでみる「御食事ゆにわ」の原…

  6. メッセ-ジ

    「そろそろ本物の勉強を始めよう」講師・村田明彦

    大学受験塾ミスターステップアップの講師・村田明彦です。大学受験…

  1. メッセ-ジ

    「大学受験は人生の縮図だ」講師・柏村真至
  2. 子育て・教育

    子育て論 好奇心旺盛で活発な子の育て方
  3. メッセ-ジ

    御食事ゆにわの誕生スト-リ-
  4. 日本古来のス-パ-フ-ド「梅干し」の知られざる働き
  5. 健康

    かかとの角質ケア
PAGE TOP