実践レポート

ゆにわ流 実践レポート「本当の自分に出会った」

ゆにわ流の生き方を学ぶ会員制度「ゆにわ塾」。会員様から毎月お一人ピックアップして実践レポートをお届けしています。どのようにゆにわ流を日常に取り入れてるのか、ぜひ参考にしてください。

ゆにわ流に出会う前のわたし

私がゆにわ流と出会ったのは23歳の時でした。

社会人を辞し、大学に行くため「大学受験塾ミスターステップアップ」に入塾したのがきっかけです。

入塾以前の私はいつも言葉にならない不安を感じていました。父はサラリーマンでしたがお金に困った記憶はほとんどありません。

家族仲も良くて友人にも恵まれました。

特別な不満もなく、自分は幸せだと思っていました。なのに不安は消えません。

私は昭和60年生まれです。生まれてすぐに平成が始まりました。

物質的にはどんどん豊かになるのに、闇の深いニュースがいつも世間を賑わせる。それが常でした。

昭和から続く「当たり前」が「当たり前」ではなくなりました。年金や終身雇用などの基盤がどんどん崩れました。インターネットがものすごい速さで広まりました。

とてつもないペースで世の中が変わるのを肌で感じるのに、大人は暗い世の中になったと嘆くばかり。「これからの時代を生き抜く方法」なんて誰も教えてはくれませんでした。

幸せを求めて学び続けた日々

「この調子だと私が大人になる頃には、きっかけ1つで簡単に人生が転落する時代になってしまう」

「ひとつの会社に依存するだけじゃダメだ。これまでの常識とは違う方法で生きる術を探さないと」

思春期を迎える頃には何となくそんな考えを持つようになりました。そしてこれらの不安から私はお金の様々な稼ぎ方を模索し、学び、実践してきました。

あるときは高額の教材を買い、あるときはセミナーに参加しました。「自称成功者」あるいは「成功しているように見える人」の教えを必死に学んで成功を夢見続けました。

けれどもそんな「成功者」達もまた不安からお金を求めているように見えました。

一方で私はストレスをごまかすため、お酒やカラオケに夢中になりました。

また言葉にならない不安を絵や文章で表現しようとしました。

毎日を必死にこなしながら、時折思うのです。

「私は『今』幸せだろうか」

「優秀な人でさえ負け組になるんだ。私みたいなのが頑張ったって、きっと救われない」

「未来には絶望しかないのに、どうして頑張らなきゃいけないの?」

「ああ、生きるのって、苦痛だなぁ」

けれどもこんなこと、両親も含めて言える相手などいません。

「誰だって辛いんだ。けど、皆それを我慢しているんだよ」

事あるごとに親にこう言われていました。だから自分の中の不安から目を逸らすしか方法がなかったのです。人混みの中で言い様のない虚しさと孤独を感じ、繋がりを求めてSNSにはまりました。

「私を見て」「私はここにいる」「ここで必死に生きている」といつも心の中で叫んでいたように思います。

わくわくする受験生活

「大学受験塾ミスターステップアップ」には普通ではない空気がありました。

ほとんど知られていない塾なのに「E判定から逆転合格」を謳う。

大手塾よりも自信に満ちたその看板に、世間の常識から外れた世界がある予感がしました。

何よりも塾の発する空気は、私が求め続けた理想の世界観とよく似ていたのです。

「ここで人生を変えよう」

そう決めて入塾しました。

入塾すると自分専用の席とテキストを渡され、勉強のやり方を教えてもらいました。テキストの読み方、ドリルの使い方から教わる。気分が乗らないなら場所を変えたり、歩きながら勉強するのがいい。

好きな時間に、好きな場所で勉強できる。

疲れたらマンガでも読んで休むといい。

サポートのきめ細かさがとんでもなかった、と今でも思います。

分からないならいつでも聞けますし、相談だって乗ってもらえます。

けど、勉強するのはあくまで塾生本人。

いつも見守られているから、自分の中にある不安と向き合う余裕ができました。

また勉強以外でも定期的にゆにわ流の話を聞ける時間がありました。

いつもとても楽しみで、メモを片手にわくわくしながら参加していました。

教えてもらった勉強法のほとんどは、常識外れでした。初めて取り組むものが多いので、頭で理解してもすぐに上手くできる訳ではありません。それでも毎日続けることで、徐々にできる感覚を掴んでいきました。

できる感覚が身につくとより難しい問題をより短時間で解けるようになりました。

教科の枠を超えて深い部分で知識が繋がる、という不思議な経験を何度もしました。

「ステップアップ」は自習が基本です。先生と話さない日もたくさんありました。

だけど見守られている。その信頼感があったから、先生の言葉をスッと受け入れることができました。

この恵まれた環境で1年近く過ごし、入試を迎える頃には「もう1年この塾で勉強したい」とさえ思うようになっていました。

ふるさとに帰ってきた感覚

ステップアップを卒業し、大学生になった私はゆにわ流から離れました。

6年ぶりに戻ると、受験時代よりも店が増えていました。

大人が日常を通じて美しい生き方を学ぶ「ゆにわ塾」を知ったのもこの時です。

ゆにわ塾もまた「普通じゃない」と思いました。

それから「懐かしい」とも。

大学受験塾ミスターステップアップと同じ世界観がそこに詰まっていました。

ゆにわ塾では物事の根底にある教えを学び、毎日の生活で実践することを推奨しています。

自宅に用意している「米ピッキング」の道具たち

一般的なセミナーのように教わるだけ、受け取るだけでは終わらない。

より実践しやすい環境もますます整ってきています。

けど、学びを実践するのはあくまで塾生本人。

ゆにわ塾なら、講師だけでなく共に学ぶ仲間がいつも見守ってくれます。

1ヶ月半で10Kg痩せていた

何から始めるべきか、あまりの情報量に最初は戸惑うかもしれません。

やりやすい所からで大丈夫ですが、おすすめしたいのは食事です。

ゆにわには「食べ方は生き方そのもの」という考えがあります。

食べ方を変えて人生が良くなった人が後を絶たないからです。

かくいう私もその1人です。

食べ方を変えただけなのに、わずか1ヶ月半で体重が10kg落ちました。

やった事は『食事をゆにわ流に変える事』だけです。

外食を減らして、おむすびのお弁当を職場に持っていくようになりました。

朝のお茶習慣も続けています。

たかが食事、されど食事。

人生が変わりふと気付くと、あれだけ苦しかった「言葉にならない不安」はきれいに消えていました。

代わりに手にしたのは『どんな時も支え合える仲間』と『とても普通ではない成長法則』。

新たに出会えたのは、無意識に押し殺していた『本当の自分』。

求めた分だけ成長できる場所。

いつも自然体でいられる場所。

これが今のわたしにとっての「ゆにわ」です。

 

関連記事

  1. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポート「料理店をやっているから、一層ゆにわの凄さを感じました」

    感動の出会い。あの直感は本物だった私がゆにわ流を知るきっかけは、ち…

  2. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポート「誰かの幸せを願うことを教わった」

    はじめまして。大学受験塾ミスターステップアップ卒塾生の梅原啓太と申しま…

  3. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポート「一ヶ月半で体重が10kg減っていました」

    私がゆにわ流と出会ったのは23歳の時でした。社会人を辞し、大学…

  4. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポ-ト「神様がくださったお役目に気づいた」

    小さな暮らしの変化から大きく変わった毎朝、天神さまへ祈り、古事記の…

  5. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポ-ト『願望が叶っても叶わなくても幸せに』

    ゆにわ流に出会う前の私ゆにわ流に出会う前の私は、大きな壁をやっとこ…

  6. 実践レポート

    ゆにわ流 実践レポート「ゆにわ流を実践しないなんてもったいない」

    Profile 柴山幸一郎(しばやま こういちろう)26歳で芸能界…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子育て・教育

    子育て論 自立させるために親が心がけるべきこと
  2. 神道

    2018年は「戊戌(つちのえいぬ)」干支でわかる”時代の流れ”と”幸運の波に乗る…
  3. かつて”神様の食べ物”だったすごすぎるカカオの真実
  4. メッセ-ジ

    映画を見てからが、本当の始まり
  5. 神道

    日本って無宗教の国なの?
PAGE TOP