メッセ-ジ

「神話のような映画を残したい」ゼネラルマネージャー小田真嘉

この映画には、日本の“食”の流れを変える、という使命がある

撮影を進める中で感じた、「食」に携わる人たちの苦しみ

この映画を始める前から、「食べ方を変えたら、生き方が変わった」という人たちをたくさん見てきました。

私自身もその一人です。“食べ方”っていうのは、食に対する向き合い方のこと。

“食”っていうのは、“命”のことだから、つまり“命との向き合い方”が変わっていったってことです。

そんな人たちと一緒に1年間映画を撮り続けてきて、今、改めてこの映画を撮る意義というか、使命を感じています。

特にショックが大きかったのは、日本の「食」の実態を知ったことです。

「食」の現場を目の当たりにし、生産者の葛藤を知りました。

料理人やお母さんたちから嘆きの声を聞きました。

「食」の現場は今、闇を抱えているのです。

誰もが幸せになるのが本来の「食」の姿なのに…

本来、“おいしいご飯”の周りにいる人たちって幸せなはずです。

生産者も、料理人も、お母さんも、おいしいものを作ってくれています。

だから、食べる人たちは皆、おいしいご飯を食べることができます。

なのに、どちらも幸せを感じていません。

むしろ、苦しんでいる人がとても多いのです。

そんな「食」本来のあり方と真逆のことが起きているのが、日本の現状なのです。

私たち日本人は、あらゆる困難を乗り越え、新しい文化を育て、経済を発展させてきました。

しかし、なぜか人間だけが真逆の方向へ進んでしまっている…。

この映画を撮影しながら、そう感じずにはいられませんでした。

1000年先の日本を変える映画へ

誰もが幸せに生きていくために「食」は絶対に欠かせません。

しかし、その重要性を忘れてしまっている人があまりにも多いんです。

だからこそ、この映画を広く世に届ける意義を感じました。

「食」の現状の“闇”に対して、この映画は一つの“光”となって世の中を照らす使命がある、と。

日本人の魂であるお米をきっかけに、“日本人らしさ”や“日本の良さ”を思い出してほしい、そうして「食」本来の価値観を見直していってほしいな、と思っています。

そういう点から、この映画は「良い話だったね」で終わりません。

見てくださった方が、「私もおいしいご飯、つくろう!」って自然と思う映画になります。

料理人やお母さんだけじゃなく、日常でご飯をつくる人たち皆がそう思うようになったら、世の中においしいご飯が増えるし、幸せになる人がもっと増えます。

そんな人たちが10年先、20年先の日本をつくり、さらには100年先、1000年先の日本を変える流れができるかもしれません。

そんなビジョンをもって、私はこの映画を広げていくつもりです。

関連記事

  1. メッセ-ジ

    ちこインタビュー「ごはんには人生を変えるちからがある」

    思い出そう、食べることは生きることそのものなんだって毎日のごはんを…

  2. メッセ-ジ

    御食事ゆにわの誕生スト-リ-

    「御食事ゆにわ」の誕生ストーリーをお伝えします。食べた人の奥底にあ…

  3. メッセ-ジ

    料理人ちこが語る 書籍『美味しいごはん』にこめた想い

    食べることは、生きることわたしは、およそ12年前に人生の師匠・北極…

  4. メッセ-ジ

    映画「美味しいごはん」製作委員からの想い

    映画製作のはじまり2017年のある日、映画制作の提案をいただいたの…

  5. メッセ-ジ

    映画「美味しいごはん」が始まった日

    はじまりは、2016年8月ゆにわのちこです。まさか、私…

  6. メッセ-ジ

    「大学受験は人生の縮図だ」講師・柏村真至

    次々と人生を変えるほどの成長を遂げるステップアップの卒塾生を見…

  1. 【毎日食べたくなるゆにわレシピ】梅は日本のスーパーフード たった一粒で元気になれ…
  2. 神道

    夏越の大祓で心と体を大掃除しよう
  3. 大切な人と一緒に味わいたい 心と体に優しいホットチョコレート
  4. 健康

    良い水で大切な記憶がよみがえる
  5. 仕事・勉強

    自分を変えられる「アファメーション」とは?
PAGE TOP