メッセ-ジ

六龍法占いの秘密 ~羽賀ヒカル×相原康人特別対談~

羽賀:みなさま、初めまして。
北極流の占い師・羽賀ヒカルです。

いつも映画「美味しいごはん」公式メディアをお読みいただきありがとうございます。

今回は、私と同じ師をもつ、相原康人(あいはらやすと)と対談形式で、北極流占いについて語りたいと思います。

私のことをご存知ない方もいらっしゃると思いますので、簡単に自己紹介をさせてください。

私は15歳のときに、大学受験塾ミスターステップアップで、師である北極老人に出会い、占いの道に入りました。

北極老人は、塾長でありながら、9つの流派を極め5万件以上の鑑定歴を持つ稀有な方でした。

その北極老人が編み出した「北極流占い」を受け継ぎ、高校生の頃から

  • 生年月日
  • 手相
  • 人相
  • 家相
  • 風水
  • 方位
  • 姓名判断

などの様々な占いを学び始めました。

私は六龍法占いでは「火龍」に当たります。

自分が情熱をもって打込める何かが火龍の人生には必要なのですが、楽しみながら打ち込める初めての勉強が占いでした。

やる気のなかった受験勉強も、良い大学に行くためではなく、
「自分が成長するためにはこの勉強が必要なんだ!」
という感じで、モチベーションの火種を変えて打ち込みました。

その後、大学生時代から本格的に占い鑑定(出会い、恋愛、結婚、夫婦関係、命名、子育て、就職、転職、人間関係、引っ越し、お金…などの悩み)をはじめ、今では年間1,000人くらいの方のご相談に乗らせていただいています。

世の中には気学や四柱推命など様々な占いがありますが、北極流占いは、生年月日をベースとしたものです。
生年月日から見た名前や、生年月日から見た方位・・・など。
一つのジャンルに特化して占う方が多い中で、様々なジャンルを占えるというのが、私の強みですね。

相原:凄いですね。大学卒業後は、本格的に占い師として活動し、ウワサがウワサを呼び、

  • 優良企業の経営者
  • 有名コンサルタント
  • ベストセラー作家
  • セミナー講師
  • 占い師
  • ヒーラー

などの著名人も、お忍びで通っていらしたとか?

羽賀:そうですね。特に、占いや精神世界に深く精通している方ほど、北極老人の教えの奥深さに驚嘆されていましたね。

大空を彩る天体と、わたしたちの心は繋がっている

相原:北極流の占いと、世間で広まっている占いの大きな違いは、何なのでしょうか?

羽賀:占いは天体のエネルギーの影響を受けて生まれた学問です。
古代エジプトの人たち、マヤ、アステカの人たちは、星(天体)の動きを見ながら、時代の動き、天候の動き、四季の動きを予測していたのですが、その過程で、星の動きと自分の心の動きが連動していることに気付きはじめたんですね。そこから、占いというジャンルが生まれたと言われています。

相原:「こういう星のもとに生まれた」という言葉があるように、星が人間の心や意識に影響を与えているんですね。
火星、金星、水星、海王星…何らかの天体の影響を受けているということは、北極流占いは北極星の影響を受けた占いということでしょうか?

羽賀:その通り。北極星は全天の中心です。
昔は北極星を見ながら航海の方向を決めていました。
そういう意味で、北極流占いは人生の指針や方針を見つけるための占いといえますね。

相原:なるほど。では、占いを受ける人は、どのような姿勢(心構え)で受けると良いでしょうか?

羽賀:占いは、「当たるor当たらない」というイメージが強いかもしれませんが、そうではありません。
その人が本来もっている自然な状態が何かをみていくのが、北極流の占いです。
その人の生年月日の中には、「こう生きた方が良い」という指針があります。
100人いれば100通り。1000人いれば1000通りの姿があります。

不運や不幸の原因はすべて、その人が本来持っている、運の流れや人生の型からズレていることにあります。
「自然の姿」から離れた生き方をするとき、不安、不満、悩みが生まれ、「自然の姿」に近い生き方をするほど才能が開花し、幸運になり、人に恵まれるのです。

そのズレを見つけて、糺すのが北極流占いです。

相原:自分の持っている運命や宿命に、原点回帰させるんですね。
しかし、どうしてみんな自分の人生の型からズレていってしまうのでしょうか?

羽賀:まず一つに、親の影響があります。
そもそも生年月日に合わない教育を受けている。
たとえば、幼少期は過酷な環境で育てられた方が良いのに、甘やかされて育ったとか。
逆に、たくさん愛情をもらった方が良いのにもらえなかったとか。

また、時代の影響もあります。
今の時代や社会は「自然」な状態から、かなり遠ざかっていますよね。
食品添加物が多く入ったような不自然な食べ物は何日間放置しても腐りませんし、住まいも、マンションだと一つの土地に何十人と住んでいます。
このような状態は、これまでの歴史にない「不自然」なものです。

相原:確かに。
現代は、社会の仕組みから教育、食生活、働き方まで不自然なものが多すぎますね。
それが、本来持っている運命を生きられない大きな要因なんですね。
占い鑑定にきたら、その自然な状態の自分がわかって、生き方が定まっていくと。

羽賀:そうですね。
鑑定をしていれば、その人の転機がいつかわかりますし、いつ結婚や離婚をするかもわかります。
わかりますが、言わないようにしています。
それにとらわれすぎると、未来の可能性を狭めてしまうからです。
それに、未来は変わっていくものですし、性格も変わっていくものですから。

相原:あなたはこういう性格で未来はああでこうでとか、それにとらわれ過ぎると苦しくなってしまう。
一般的な占いは、悪いとらわれを作ってしまうということですね。

ところで、僕のこと、誰? って思ってる人も多いと思うので、僕の自己紹介もさせて下さい。

僕は大学在学中に、時間と経済的自由を求めて起業しました。
事業が軌道に乗り始め拡大していく中で、人間関係に精通した人物と出会って、コミュニケーションのいろはを学びました。
その後、クライアントの女性問題をきっかけに、恋愛というテーマでメルマガやブログで情報発信をし、延べ1500人以上の悩み相談にのってきました。
そんなある日、経営者向けの会員制コミュニティのゲスト講師であった羽賀さんにお会いしました。
そこで初めて北極流の教えに出会い、六龍法を学んだのが、占い師への道の始まりです。

羽賀:そうでしたね。
それから間もなく、北極老人に弟子入りし、私の付き人になったと。
その時の北極流の印象は?

相原:本当に凄いと思いました。
各龍を友達や家族に当てはめていくと、凄くしっくりくる。
羽賀さんの講義を丸暗記するくらいに覚えて、最初は、自分の仕事であるコンサルに六龍法を使っていました。

それまでは人を自分の過去の経験から見ていたんですよ。
でも限界を感じていて。普通の人がアドバイスしようと思ったら、自分の経験から答える以外にないのですが、占いを取り入れることによって根拠ができて、より的を射たアドバイスができるようになっていきました。
火龍だったらこうとか、水龍だったらこうとか。

生年月日さえあれば、神様にすらアドバイスできる

羽賀:北極流占いは、北極星の神様(全人類の知恵を集結したような神様)から降ろされた叡智です。
いろんな星々を束ねてるのが北極星の神様ともいえるので、万人にアドバイスできます。

会社には創立日がありますし、国には建国記念日がありますよね。
このように、生年月日のあるものならどんなものでも占うことができます。
生年月日さえわかれば、神様にすらアドバイスできるのが北極流占いです。

その一部が、毎週YouTubeで配信させていただいている「六龍法占い」です。

占いというのは、感覚的に捉えないといけない部分が多いんですよ。
たとえば、樹木を全く知らない人に対して、樹木を説明しようと思うとイメージで伝えるしかない。

占いを伝えるのはそれに近いものがあって、言葉を超えた世界で上手くイメージが伝わるのが重要なので、教わるときも、師が言っていることを感覚的に捉える必要があります。

相原にはそういうセンスがあると思いましたね。

言葉の枝葉にこだわる人は、緑色の小さなものがあって・・・茶色い枝があって・・・と、部分にとらわれて全体が見えなくなってしまい、わからなくなってくる。
抽象概念を理解する力は必要です。

相原:ありがとうございます。
羽賀さんのことをもっと知りたい人は、著書である『神社ノート』をお読みいただきたいですし、
占いに興味を持たれた方は、今年の 12月上旬に発売予定の『龍の神様と出会うたったひとつの方法~人生に幸運をもたらす六龍法~』を読んでみて下さい。

羽賀:今回発売される本は、私が初めて書いた占いの本ですが、悪いとらわれを作らず、その人の中に眠ってるよい部分だけが目覚めることを意識しながら書きました。
是非、Amazonや書店で手にとっていただきたいですね。

本気で「人生を変えたい!」という方は、一度、鑑定にもお越し頂ければと思います。
ありがとうございました。

関連記事

  1. メッセ-ジ

    ごはんで人生が変わる~料理人ちこからの手紙~

    撮影:中島ゆうここんにちは、開運料理人ちこです。わたし…

  2. メッセ-ジ

    「そろそろ本物の勉強を始めよう」講師・村田明彦

    大学受験塾ミスターステップアップの講師・村田明彦です。大学受験…

  3. メッセ-ジ

    「才能の壁を超えて、大逆転して欲しい」講師・与那嶺隆之

    理想の環境は自分の工夫で作り出せる沖縄に住んでい…

  4. メッセ-ジ

    映画「美味しいごはん」製作委員からの想い

    映画製作のはじまり2017年のある日、映画制作の提案をいただいたの…

  5. メッセ-ジ

    ちこインタビュー「ごはんには人生を変えるちからがある」

    思い出そう、食べることは生きることそのものなんだって毎日のごはんを…

  6. メッセ-ジ

    「神話のような映画を残したい」ゼネラルマネージャー小田真嘉

    この映画には、日本の“食”の流れを変える、という使命がある撮影を進…

  1. 仕事・勉強

    能力を爆破させる「ゾーン」に入るために
  2. 受験塾で証明された事実!食べ方を変えれば心が変わる
  3. お茶

    茶話 お白湯で感受性が高まるってほんと?
  4. 子育て・教育

    子育て論「ついイライラしてしまう時、どうすれば子どもと対話できる?」
  5. お茶

    茶話 「専用化」して「神社化」する
PAGE TOP