お茶

茶話 茶葉を選んでご縁に出会う

もの選びというものは、大切なご縁を紡ぐということです。

茶肆ゆにわの店長・こがみのりから、茶葉を選ぶときの基準についてお伝えします。

何かを「選ぶ」時の「基準」

「さあ、お茶を淹れよう」と思っても、「はて、どんな茶葉を買えばいいのかな?」と初めは悩むことがあるかもしれません。

「何かを選ぶ時」って、茶葉に限らず「基準」が必要になりますね。

例えば、「いい暮らしがしたい」といっても、いい暮らしの「基準」があると思います。

マイホームがあればいい暮らしなのか、人よりも贅沢ができることがいい暮らしなのか、趣味の時間を取れたらいい暮らしなのか、その「基準」は人それぞれです。

値段、見た目、産地、品種。選ぶ基準はいろいろ

では、茶葉を選ぶ基準はどうでしょう?

人によっては選び方をお金(コスト)を基準にして、「金額が安い方がいいな」で選ぶ人もいれば、「値段がちょっとでも高い方がいいんじゃないか」と思って選ぶ人もいます。

また、「見た目でパッケージ買いしちゃう」人もいるし、ご縁や思い入れのある「産地で選ぶ」人もいるでしょう。

もちろん、「美味しいと思うものを選ぶ」人もいます。

価格なら、安いものは、毎日飲むとなれば、それはとてもありがたいのですが、例えば、100グラム300円くらいのお茶があるとしたら、私は、それは買わないと思います。

お茶の生産現場を見ていて、そのコストを見た時に、この値段だと不自然に「安い」のです。

その値段の裏を考えた時に、私は「選ばない」を選択します。

産地なら、自分の生まれ故郷のお茶もいいですね。

どこかへ旅行をしたのなら、その土地のお茶を飲むのもいいと思います。

また、品種なら、自分が初めて「美味しい」と思ったお茶、その品種を違う産地で飲み比べてみると面白いでしょう。

ある程度、一つの品種に慣れてきたところで、他の品種のお茶を飲んでみた時、その味の違いがわかったら、面白いかもしれません。

お茶屋さんの「人となり」で選んでみると・・・

私は、選ぶ「基準」は、基本的に、誰かが提示するものではないと思っています。

人それぞれに「基準」がありますし、選ぶ基準は人それぞれなので、絶対的な正解なんて存在しないのです。

ですから、そこは自由に選んでいただきたいのですが、敢えて私的な基準をお伝えさせていただくとすれば、まず、買う場所はデパートやスーパーといった量販店ではなく、専門店の「お茶屋さん」です。

誰がこのお茶を販売しているのか、その「人となり」を感じられるものを買う、これが、私の基準の一つです。

町にはたいてい一軒はあるお茶屋さん、そこに行ってみましょう。

お店の方と話してみて、遠慮せずに、「こんなお茶が飲みたいんです」とか、「今、どういうお茶がおすすめですか?」と聞いてみて、選んでもらうのもいいですね。

お茶のことを「知って」飲むのと、「知らずに」普通に飲むのとでは、味が全く違ってきます。

お茶選びの醍醐味はお茶の「物語」を感じること

いちばんの基準は、やはり、「人」だと思います。

売っている人と話してみて、「その人ともう一度話したくて行く」とか、「その人が勧めてくれるお茶が飲みたい」とか、あるんですよね。

銘柄とか産地とか、無農薬とか、有機栽培とか、自然仕立てのものとか、お茶を選ぶ基準はたくさんあるのですが、結局のところ、「信頼できる人が勧めてくれたものだから」ということが、何より確かな基準になると思っています。

私は、最初に出会ったお茶屋さんが、かなりお茶の世界にストイックに関わっている人で、とてもたくさんのお茶のお話、お茶の世界の裏側のお話まで、聞かせいただきました。

最初の一回だけは、普通にメニューを見て注文しました。

でも、ある時、その方が、「・・・っていう感じで見つけてきたお茶があるんですよね」と、自分がそのお茶と出会うまでのストーリーを語ってくれたのです。

ですから、その次からは、「何か面白いところのお茶がありますか?」「最近、見つけたお新しいお茶ってありますか?」尋ねるようにしました。

すると、「実はね、あるんですよ!」と言って、持ってきてくださるんです。

そして、嬉しそうに、そのお茶のことを話してくださる。

その時間が楽しくて、通っているうちに、私もお茶に詳しくなっていったのです。

こんな風に、お茶を売っている方とのやり取りを楽しむことが、一番の醍醐味じゃないかな、と思います。

今でも、その方のお店を訪ねる度に、「面白いお茶ありますか?」と、ずっと聞いています。

「今の」面白いものって、「1年前」の面白いものとは違います。

だから、私の「面白いお茶ありますか?」を聞けば聞くほど、相手の方も、「次の面白いものを探そう!」という、モチベーションになっているみたいです。

「ご縁」は本来、お金では買えず、価値のつけようもないほど、貴い。

今では、お茶の生産者の方の話をしていただいています。

その方の「人となり」「どういう人生を送ってこられたか」などを、聞かせていただいています。

そして、できたら、生産地まで行ってみます。

やっぱり、お茶を作られている方と、お話したいんです。

その方と話しているうちに、「この人、素敵だな」「この人のお茶だったら買ってみたい」と思ったら、次は「使いどころ」を探します。

そのお茶の特徴に合うシチュエーションを考えるのです。

お茶は、人と人との繋がりを紡ぐもの。

ですから、自分のお茶を選ぶ時は、「誰と、どういう時間を過ごしたいか」で選んでみてください。

するとそこから、過去の延長線上とは違う、新しいご縁が生まれるはずです。

関連記事

  1. お茶

    無意識の音に耳を澄ませる

    人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁を繋ぐお茶屋「茶肆…

  2. お茶

    浄化で心を清める

    4月に入り、新生活をはじめた方もいらっしゃるでしょう。新しい出…

  3. お茶

    茶話 光と闇

    「光と闇」人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁…

  4. お茶

    「自分の心と向き合う」

    お茶の味が濁る時いそがしい毎日で心まで騒がしくなっている時、たった…

  5. お茶

    水を浄化する

    人生に迷ったら、「お茶」に聞いてみよう。良縁を繋ぐお茶屋「茶肆…

  6. お茶

    茶話 お白湯で感受性が高まるってほんと?

    ©『神様に愛される一杯のお茶習慣』(自由国民社)撮影:竹田俊吾…

  1. 神道

    オススメ神社「伊勢神宮(内宮)」封印された縄文の神様に出会う
  2. 合格弁当2019~塾生たちにキセキを起こす、とっておきの合格戦略~
  3. 神道

    ノートを使って神様に願いを叶えてもらう方法
  4. メッセ-ジ

    映画「美味しいごはん」製作委員からの想い
  5. 生き方

    若者へ「親に頼るな!自立せよ!」
PAGE TOP